1人暮らしで家を借りるなら1R?1K?それとも1LDK?

賃貸が当たり前になっている人なら、当然わかっていることだと思いますが、新社会人など、これまで家を借りたことのない若い人の中には、1Rや1Kがどんな間取りなのか知らない人もいます。

 

1Rは1ルームのことで、寝室もキッチンもすべて同じ部屋の中にある間仕切りがないタイプの部屋です。それに対して1Kは、寝室とキッチンが分かれている部屋のことです。

 

ただ、1人暮らしの人に人気なのは、1LDKと言われています。1LDKも1Kと同じく寝室とキッチンが別になっている2部屋タイプなのですが、キッチンの広さに違いがあります。

 

LDKはリビングダイニングキッチンの略で、大体8畳以上の部屋のことを指します。この部屋と寝室が別にあるので、お客さんも呼びやすいですよね。

それに対して、1Kは確かに寝室と分かれているものの、キッチンスペースが2畳しかなくても1Kと表示されていることもあるので、部屋のトータル面積としては、1Rの方が広いこともあります。

 

なので、友だちも呼びたいし、ちゃんと自炊もしたいという人は、使い勝手のいい1LDKの部屋を選ぶということなのでしょう。

 

ただ、月々の金額でいえば、圧倒的に1Rが安いので、部屋へはただ寝に帰るだけという生活を送る人には、1Rで十分といえます。

1Rでもキッチンはついているので、全く自炊ができないわけではありません。お試しで住んでみるというのであれば、最初は1Rの部屋から始めてみるのはいかがでしょうか?