長期滞在はマンスリーに限る!?

 

マンスリーマンションの使い勝手の良さが、世間に定着してきたように思いますが、本当にわかっていますか?

 

「マンスリーマンションって、1、2か月の出張の時に使えていいよね、ホテルだと疲れることもあるし」

「あれでしょ? 一週間の滞在とかでも、マンスリーマンションが使えるとこもあるって聞いたよ」

「マンスリーマンションは、引っ越しをしたみたいな気持ちになって、自分の家感があるよね」

「受験勉強を頑張る部屋として、親が借りてくれたよ」

 

などなど。

マンスリーマンションに対して会話してくださいといえば、これくらいは出てくるかもしれません。

 

ですが、この会話の中には、マンスリーマンションで最も押したいことが抜けています。

 

それは……、

マンスリーマンションは家具付きだということ!

 

付属の家具や電化製品の使い方に制限がかかっていることもありますが、それでも普通の賃貸と違って、

全部ひっくるめて借りられるというのは大きなポイントです。

 

ホテルを借りると、布団のシーツを変えてくれたり、

アメニティグッズの補充や入れ替えをしてくれたりという利点はあるものの、

自分の部屋感はありません。

 

ですがマンスリーマンションは、自分の部屋感があって、くつろぐことができます。

布団のシーツは自分で洗濯をしないと、綺麗なシーツを使うことは出来ませんが、それ以外はだいたい同じ設備。

だとすれば、ホテルよりも気軽に借りられるマンスリーマンションを借りるのは必然じゃないでしょうか?

 

またマンスリーマンションは、借りられる期間が2、3ヶ月だと思っている人が多いのですが、実は最大で364日まで借りられるんです。

 

つまり1年未満ならOKということ。

 

なので、もし2年の単身赴任が急に決まった時は、マンスリーマンションを借りて、

1年経つ前に引っ越しをすれば、

1回の移動だけでマンスリーマンションを利用することができるということ。

 

単身赴任をすると補助が出たりしますが、

安い場所を見つければ、

十分にお金を浮かすことも出来ます。

 

しかも、家具も家電も初めからついているので、とってもお得。

 

もし長期で移動しなければいけない時が来たら、マンスリーマンションも候補に入れてみてくださいね。