長期出張のプロはマンスリーマンションを選んでる!?

会社勤めも5,6年経ってくると、周りがよく見えるようになります。そんな中、急な出張を言われ続けている人は、意外と慌てていないなと感じたりしませんか?

 

もし上司に、木曜日の午後に「来週から1か月ぐらい京都に出張に行ってきてよ」と言われたら、「えぇっ!?」と、自分なら驚いて何をどうしたらいいのかと慌ててしまいますよね?

 

でも、同期のあいつは「いいッスよ」と言って、軽い返事をする…。むしろ、「次は京都かぁ、じゃあ休みの日には清水寺でも行こうかな」なんて、観光のことまで考える余裕があるぐらい。

 

この差って何だと思いますか?

 

慌ててしまう人は、長期出張になれていないので、どこのホテルを取ろうか、ホテル暮らしって何をもっていけばいいのかわからない、毎日ホテルで過ごすってどんな感じ? 外食費がかさばるな……などなど、不安要素が次々と出てくるものの、その解決策は行ってみないとわからないというところに不安があります。

 

ですが、長期出張になれている人は、そもそもホテルを取ったりしません。

 

今、「え?」と首をかしげませんでしたか?

 

実は長期出張をよくしている人が使っているのはホテルではなく、マンスリーマンションです。

マンスリーマンションには家具・家電が完備されているところがほとんどなので、着替えとタオルをもっていけば、あとは一人暮らしをしているのと同じ環境になれます。

 

出張に行っているのに、そこに自分の家があるというのは嬉しいものです。自炊が好きな人はちゃんと作れますし、自炊はしなくてもレンジやガスはあるので簡単な食事も可能です。それに、滞在中は自分が落ち着くように好きなものを並べて、自分の家と同じような使い方ができるのも嬉しいところ。

 

また決済方法は、管理会社によって違いはあるものの、大体はコンビニ決済、クレジット決済、銀行振込の三種類です。

 

ビジネスホテルよりも気軽に使えそうな気がしてきませんか?

それに、急に長期出張をよろしくと言われても、焦らずにマンスリーマンションを探せばいいのかと分かれば、普段とは違う街に行くことが楽しみになったりするはず。

 

では君には、来週から1か月ちょっと大阪に行ってもらうからよろしく。