都会でのお得で賢い賃貸生活術 〜短期滞在で都会を満喫しよう〜

さて、今回紹介するのは憧れの街:東京や、グルメの街:大阪で短期滞在する場合に大変オススメの活用術だ。

 

短期滞在と聞いてもパッとしない人も多いだろう。

 

賃貸のマンスリー契約や、ウィークリー契約というものが最近日本で流行ってきているのを知っているだろうか?

普段、賃貸アパートとして契約するときに不動産屋を何件か回り、不動産屋ごとに数件ずつ見回りやっと決めたと思いきや隣の住民との接触トラブル、騒音トラブルなど身近に感じた人も少なくないだろう。

 

そこで、今回おすすめするのがこの賃貸のマンスリー契約というものなのだ。

 

通常アパートの契約というものは2年毎の更新が必要で1年未満だと賃料の2ヶ月分、1年以上2年未満の解約で賃料の1ヶ月分の解約違約金というものが発生するケースが多い。(地域によって様々)

マンスリーマンションの契約というのはその名の通りMonthly(月毎)の契約なのだ。アパートやマンションを1ヶ月単位で借りることができるので非常に簡単で安心できるサービスなのだ。

設備としてはコンロや洗濯機、電子レンジやTVがあるところもなんかも珍しくない。食料さえ準備ができると気兼ねなく部屋を使うことができるのだ。

都会であればどこでも普及しており、ちょっとしたプチ旅行だったり出張、研修などに使用することができる優れものだ。

 

現在はインターネットカフェなども普及しており、寝泊りする人も多いようだが、セキュリティ面では幾度かトラブルが発生している事例もあるようだ。

空調設備が整った部屋で夜も周囲の音を気にせずに通常のアパート暮らし同等の生活ができて、しかも短期間で出ることができるのであれば近隣トラブルなんかも少ないだろう。

金額は長くなれば長くなるほどお得になる仕組みではあるが、それでも通常賃貸住宅を契約する際にかかる敷金、礼金など費用がかからない為、トータル的に考えてもリーズナブルである。

 

もし、急な単身赴任など、遠方で短期間で探す必要があり、なかなか不動産屋を回ることができない状況にあったとしよう。契約の2年間となると内見することなく物件を決めるなんて大変勇気のいることだが、取り急ぎ1ヶ月でもマンスリー契約をした後、落ち着いてアパートを探すなんてことに利用するのも便利だ。

 

色々な場面で有効活用ができる都会でのお得で賢い賃貸生活術だ。