賃貸物件の豆知識 〜関西と関東で違う?〜

さて、今回紹介するのは関西と関東でのお部屋探しをする際に疑問に思う人が少なくないだろう、賃貸物件を借りる際の情報をお伝えしよう。

アパートやマンションを不動産屋から借りたことがある人は必然と聞いたであろうこのフレーズ「敷金」「礼金」だ。

元々の意味合いは敷金は部屋を待機する時の原状回復(生活していて付いた傷など)として入居前にあらかじめ管理会社やオーナーに支払うべきもの。

礼金は、名前の通りお礼金というものであり、今と違い昔は貸す側(アパートを持っている側)が権力があってこのお金を差し上げるので住ませていただけないでしょうか?といういわゆる、献上金のようなものが必要だったようだ。

今ではCMなどにも登場するフレーズなので借りたことがない人でも耳にしたことはあるだろう。

この「敷金」、実は関西では「保証金」という名前で存在するのだ。

意味合いは変わらないものの、急な転勤や出張で賃貸を借りるときに混乱しやすい情報の一つだ。

また、関西では「敷引」という制度もちらほら目にすることが多い。

 

「敷引き」は例えば家賃10万円で敷金3ヶ月、敷引き2ヶ月と記載があったと仮定しよう。

※よくある質問だが、30万円の敷金とは別に敷引きという項目が請求されるわけではないので心配は不要だ。

30万円預けておき20万円原状回復(ハウスクリーニング)費用としてとられるので残り10万円は滞納などがなければそのまま返還されるというのが仕組みだ。

今では名前を変えていろいろなものに化けているが、本質的なものは上記に記述した内容に変わりはない。

この敷金の返還に関しては賃貸アパートの問題の火種でもあるのだ。

契約時に必ず行われる重要事項説明、「無利息で返還するって書いてあるのに1ヶ月2ヶ月待っても返ってくる気配がない!」や「最初からあった傷なのにクリーニング費用にこの費用まで取られているのはおかしい!」など、お金に関することに関してはシビアだ。

原状回復をめぐるトラブルを監修しているのが国土交通省になるのだが、仲介業者(オーナー)と賃借人(借りている人)とのトラブルを未然に防ぐためにガイドラインというものを設けている。

言った言わない問題を防ぐためにも賃貸の契約前にはお金に関するところはしっかりと確認をするようにしよう。

地域によって名前が違ったり、管理会社によって「敷金」ではなく「ハウスクリーニング費用」「敷金ゼロで礼金の中から故意・過失がない限り実費負担なしにする」などの特約があるので細かく会社に質問しておくことだ。

関西・関東に限らずアパートマンションのような賃貸物件探しには必ず付き纏うこのワード。

知らなければ損、事前に知っておくだけでも楽しくお部屋探しができるだろう。

少しでもこれからのお部屋探しをする人の参考になれば幸いだ。