民泊をするにはどうしたらいの? 〜東京都で民泊許可を得る方法〜

さて、今回ご紹介するのは今から民泊を開始したいけどどうしたらいいの?と疑問を解消するものだ。旅館業法と一緒じゃないの?と思いがちなので今回しっかりと整理しよう。

 

そもそも民泊とは空き家や自分の居住スペースの一部を利用して、町の活性化や収益につながる動きのことなのだが、宿泊する側多くなってきたものの、貸す立場がまだやや少ない。

 

民泊を開始する地域によって申請方法が違うことがあるので、東京都で取得する場合の一般的流れについてお伝えしよう。

 

簡単に流れは、事前相談、必要書類をそろえる、申請書の記入・押印、最後に保健所の立ち入り調査が入るという感じだ。民泊を開始するうえで保健所の窓口と相談を進めることになる。地域によっては学校が近くにあると校長の許可をもらいに行く必要があったりマンションなどの集合住宅であれば管理規約に則り理事会で承認書を得る必要があったりと何かと大変である。

しかしこれをクリアしてしまえばあとは比較的簡単に進める。

 

必要書類は、窓口にて言われた書類をそのまま準備するのだが、換気設備や電気配置図面などは手元になければ取得する必要がある。

これらの書類の記入押印が済んで提出が完了するとあとは保健所の人が実際に民泊に使用できるかどうかのチェックをして合格すると「営業許可証」が発行されて無事、営業を開始することができるようになるのだ。

 

始めった当時は、ここまで規制も厳しくなかったのだが、どんどん利用する人数が増え規律を増やさなければいけない状態にまで人気のサービスになったのだから多少面倒でも仕方がない。

こういった書類関係が面倒だ!と感じる人はお金はかかるものの、行政書士に相談するのも一つの手である。

 

これから民泊を開始する側、もしくはお客様として利用する側として少しでも皆様のお役に立てられることができるのであれば幸いだ。