民泊はどうなるの?

民泊とは、旅館業法が適用される民泊(簡易宿所)は「ホテル又は旅館等」ですが、新法民泊の建物は住宅です。新法の民泊(住宅宿泊事業)は、ホテルや旅館が営業することのでできない住居専用地域で営業することも可能です。但し、各自治台の条例で住宅宿泊事業の営業ができる地域や期間を規制している場合があります。

但し、各自治台の条例で住宅宿泊事業の営業ができる地域や期間を規制している場合があります。

 

 

 

 

例えばマンション管理規約で民泊が禁止されているようなマンションの部屋を民泊として貸し出すことは禁止されています。

それと年間営業日数の上限設定が180日を越した営業は出来ませんので、民泊以外の活用方法を見出せなければビジネスや投資として難しくなります。

そこで・・・・・・・・

民泊事業とマンスリーマンション事業の併用スタイル!

民泊事業とシェアハウス事業の併用スタイル!

いろいろなスタイルがある筈ですので先ず行動あるのみです。

その為にも当サイトARU-R【あるあ~る】をご利用になってみてはいかがでしょうか

(なんか宣伝になっちゃいましたね!)