民泊、ホテルどちらにすればいいの?

旅行シーズンに入り、京都や大阪に旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか?

そんな時にどこに宿泊するのか悩むポイントですよね。

世界中で民泊が広がり始め、ホテルでなくあえて民泊を選ぶ人も少なくありません。

民泊の多さは1位の東京に続き2位が大阪、3位京都となっており観光地としての人気がうかがえます。

そこで、ホテルと民泊それぞれどんなメリットがあるのかご紹介していきたいと思います。

 

■ホテルのメリット

 

ホテルと言ってもカプセルホテルから高級ホテルまでいろいろなタイプがあります。

宿泊の料金を抑えたいと思ったらカプセルホテルで2000円代〜宿泊できるところもあります。

 

交通手段(飛行機や新幹線等)とパックにすることで割安で宿泊できるプランもあるため、ある程度いいホテルに泊まりつつも料金を抑えることも可能です。

 

また、高級ホテルであれば数万円の料金がかかってきますが、おもてなしを重視している方も満足できますよね。

どのホテルにも共通することは、利用客のプライバシーを保つということです。

部屋の中にスタッフが立ち入るのかどうかも利用客が決めることができるので、それぞれの好みにあった距離感を保ちつつ快適に過ごすことができます。

また、ほとんどの場合24時間スタッフが常駐しているため、何かあった時に相談して対応してもらえるのもメリットの一つだと言えます。

 

■民泊のメリット

 

民泊は、宿泊用に作られた部屋に泊めるのではなく一般の住宅に泊める(泊まる)ことを指します。

そのため、住宅街の中やマンションの1室であったりします。

世界中を見てみると、お城や牧場などちょっと個性的な宿泊施設もあるようです。

民泊にも様々なグレードの部屋があり、宿泊料金も1000円代で泊まれるところからビジネスホテルや高級ホテルと同じくらいの料金がかかるところもあります。

ホテルよりも旅行客の目的によって選べるグレードの範囲が広いところも特徴です。

 

「民泊だからホテルよりは安い」というわけではなく、民泊者の宿泊料金の平均が6000円〜9000円代という結果も出ており、ビジネスホテルとあまり変わらなかったりします。

 

ちなみに、大阪の宿泊料金の平均は7798円、京都は10,403円となっておりやや京都の方が高めの設定になっているようです。

 

基本的に、食事は付いていないため現地の食べ物を楽しんだり、部屋にキッチンが付いていたりすることも多いため食材を調達して料理を楽しめます。

 

場所によってはその部屋の持ち主(ホスト)と一緒に観光したり、食事をとったりすることもあるので現地の文化や生活に触れることで「暮らすように旅をする」経験ができるのです。

 

また京都では、古くなった古民家を再利用している宿泊施設も多く、昔ながらの日本家屋の雰囲気を体験しに来る旅行客も少なくありません。

 

いかがでしたか?

 

ホテル・民泊それぞれの良さがありますよね。

京都や大阪でどのような旅をしたいのかに合わせて、宿泊場所を選んでみるのもいいかもしれません。

 

ぜひ参考にしてみてください。