東京ならではのマンスリーマンションの使い方

マンスリーマンションと一言でいっても、その使い道は様々あります。とくに都心となれば、利用者の状況も地方に比べると多いかもしれません。

 

「マンスリーマンション」なんだから、家として住む以外に何があるの?

 

なんて、思っていませんよね?

確かに、家としてマンスリーマンションを選んでいる人はいます。地方から出張できている人たちや、受験のために上京してきた人たち。

 

ですが、ここは東京ですよ?

マンスリーマンションの家賃も安い所から、非常に高いところまであります。

 

通常マンスリーマンションは、出張、転勤、受験、就活のために利用されます。

 

ですが、趣味に思いっきり没頭したい場所として選ぶ人もいれば、

旅行には行けないけど気分転換に別の場所で住むために借りる人もいます。

 

家事に疲れた、育児に疲れた、介護に疲れた、近所づきあいに疲れた、何て時に少し高めの家賃を払って自分の部屋としてマンスリーマンションを借りるのも、気分転換にはうってつけです。

 

そう、東京ならではのマンスリーマンションの使い方として、プライベートで使うというのも一つの手。出費は確かに痛いですが、マンスリーマンションなので、長期の出費にはなりません。

 

マンスリーマンションという名前から、最低でも1か月は借りなければいけないのかと思われがちですが、そんなことはありません。1週間や2週間でもOKですし、場所によっては2泊3日でもOKだったりします。ただ2泊3日ならホテルの方が安い場所が多いので、1週間ぐらいは借りる方がいいでしょう。

 

そう思ったら、もっと気軽に借りてみようかなって思いませんか?

東京のマンスリーマンションは種類が豊富ですので、自分に合った場所を探してみてくださいね。