東京で賃貸物件が安い場所を探すならここ!

とにかく安いところに住みたい!という声をよく聞きます。賃貸に住んでも、普段は仕事や学校で家を空けることが多く、ほとんど寝に帰るだけというのであれば、確かにそんなに豪華な家は必要ないのかもしれません。もしくは、単に賃貸料を少しでも安くして節約したい!という人もいるでしょう。

 

では、東京23区の中で一番安く住める場所はどこだと思いますか?

東京を知っている人であれば、北区とか足立区を思い浮かべるかもしれません。ですが、一番安いのは葛飾区です。葛飾区は足立区とは違い犯罪が多い町ではないというのが特徴です。また全国的な停電が起きたとしても、葛飾区は停電対象外となることがほとんど。その理由は、東京拘置所があるからです。

 

ではどうして、葛飾区が安い賃貸物件が多いのかというと、電車での交通の便が悪いためです。ただ、バスの本数は多いですし、タクシーも充実しているので、実際に住んでみるとそれほど不便は感じないというのが現状です。

 

その次に安いのは足立区。ここは23区の中でも犯罪件数が多いと言われている区のため、物価が下がっています。

また先ほど例に出した北区は23区中安い賃貸物件がある区の中で6位なので、それほど安いわけではありません。

足立区と北区の間には、江戸川区、練馬区、板橋区がランクインしています。

 

ちなみに一番高い区はもちろん港区。葛飾区や足立区と比べると一か月で倍ぐらい賃料が違ってきます。

 

今回は区を例にとって安い場所をお伝えしましたが、他の区でも安い物件を探せば出てきます。ただ「安い」には理由があることが多いので、しっかりとその理由を把握したうえで賃貸契約をしましょう!