東京でペット可の賃貸を探すときの注意点とは?

賃貸物件において、ペット可の物件がどれくらいあるかご存知ですか?

実は全体の「10%未満」らしいのです。

 

ですが最近はペットと暮らしたい!というニーズも多く、ペット可の賃貸物件も東京などでは増えてきています。

 

ペット可の物件を探すにはどのような点に注意したらよいのでしょうか。

 

■東京でペット可の賃貸物件を探すとき注意すべきこととは

 

まず1つ目は不動産会社で相談してみることです。

通常、賃貸物件を探すのであれば、ネットや雑誌で探してから問い合わせ、内覧という手続きを踏むのがベターですが、ペット可の場合は必ずしもそれが正解とは言えません。

 

なぜかというとペットと一口に言っても種類は様々で、ペットの種類によっては不可となる場合もあるためです。

そのため、その都度確認してもらえる不動産会社で相談する方が手っ取り早いです。

相談するときはペットの種類、数、大きさなどを正直に申告しましょう。

許可されないことを恐れてうそを伝えてしまうと、後々損害賠償などの問題に発展する可能性が出てきます。

 

2つ目が多めの敷金を用意しておくことです。

 

ペットを飼うとなると、室内が汚れたり臭いがついたりする可能性が高くなり、クリーニングに多額の費用がかかります。

そのためほとんどのペット可賃貸では敷金が多めに設定されています。

場合によっては家賃も高めである可能性があります。

 

どうしても東京の賃貸物件でペットを飼いたい!というのであれば、その点も考慮して資金を多めに用意しておくようにしましょう。

 

■ペット不可の賃貸で飼うのは絶対にNG!

 

そしてペット不可の一般的な賃貸物件でペットを飼うのは絶対にやめましょう。

大家とのトラブルになるだけでなく、近隣住民とのトラブルになる可能性も高く、迷惑をかけてしまうおそれがあるためです。

 

魚、爬虫類などはにおいもつかないし鳴き声もでない、と思うかもしれませんが、勝手に思い込んで飼うのも絶対にNGです。

ペット可の物件で堂々と飼いましょう。

 

■まとめ

 

東京でも増えてきているペット可の賃貸物件。

まだまだ数は少なく、家賃や敷金も高めではありますが、選択肢が増えてきているのは嬉しいことですね。

 

ペットに関しては正直に伝えて相談する方が、後々の面倒が少なくなります。

こっそり隠れて飼うことはせず、きちんとペット可の物件で飼うようにしましょうね。