就活生必見!【マンスリーマンション】がお得な理由とは?

高校や大学を卒業して就職する会社を選ぶことは、人生のターニングポイントです。

自分の将来を決める就職先には妥協したくないですよね。

そのために、企業側もインターンシップで就職体験できる機会を設けています。

参加する際、近くであればスーツや靴・バッグなどを揃えるだけでいいかもしれませんが、遠方であれば食費や交通費・宿泊費もかかってきます。

平均どのくらい費用がかかるのか見てみましょう。

 

■インターンシップでかかる費用

リクナビが行った調査によれば、平均して1万円ほどとのこと。

内訳として、交通費・飲食代・スーツなどの衣装代が挙げられました。

学生さんにとって1万円の出費は痛手ですよね。

まして、これに宿泊費などが入って来れば金額は大きくなり、慎重に選びたい気持ちも焦りに変わってくるかもしれません。

少しでも出費は抑えたいところ。

遠方での就職を検討し、数社のインターンシップに参加される予定があるのであれば、「マンスリーマンション」がオススメです。

 

■マンスリーマンションがオススメ

数社に参加予定であれば、おそらく1ヶ月の中にバラバラとスケジュールが入ってしまいます。

その度に、行き来すれば交通費と宿泊費でかなりの費用に。

そこで仮に、ビジネスホテルに約1ヶ月間滞在したとします。

宿泊費が1日7000円のビジネスホテルであれば、21万円もかかってしまいます。

これでは長期滞在は難しいでしょう。

しかし、マンスリーマンションであれば関東でも月8~9万円で借りられる物件もあるのです。

もちろん人気のエリアは賃料が高めですが、都心にアクセスしやすい沿線で探すなど工夫することで、便利で安い場所を借りることができます。

また、家具家電は備え付けられていますので、自炊をするなどして食費を節約することも可能です。最近では、セキュリティー・ネット環境も整っており賃料に含まれていることがほとんどですので、情報収集が必要な就活生にはぴったりですよね。

借りる際には、入居審査や保証人、敷金礼金も不要のため気軽に借りることができます。

 

■まとめ

いかがでしたか?

大事な就活の時期に、是非マンスリーマンションを利用してみてくださいね。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。