契約金って全部でいくらかかるの?

初期費用っていくらですか?

 

単身・ファミリー問わず、ほぼ全ての物件に当てはめて計算できますので、この物件大体どれくらいかかるのかな~っていう疑問を、今度から自分で解決できちゃいます!

【ほぼ必須となる初期費用】
①火災保険・・・約20,000円
火事、上の部屋から水漏れがあった、台風でガラスが割れた、空き巣に窓ガラスを割られて侵入された・・・などなど、生活上のトラブルから保障を受けられる保険の総称を指します。契約中の加入が義務付けられており、1~2年で更新されます。

 

②保証会社利用料・・・総賃料の50%~100%
なんらかの事情でお家賃の支払いが滞ってしまった場合、この保証会社が入居者に代わり、家主さんへお家賃の「立て替え払い」を行います。昨今の賃料滞納事情等もあり、ほぼ必須条件となっています。地域によっては、連帯保証人を立てれば保証会社の利用は免除となったり、その逆もありますが、両方の加入・設定が求められます。

 

③鍵の交換代・・・約20,000円
シリンダーを含む、鍵を前入居者の物から交換します。交換は任意の場合もありますが、防犯上取り換えをお奨めします。

 

④前家賃・・・賃料の総額
一般的に、月末頃にお支払いする賃料というのは、「翌月分の賃料」ですので、入居前に翌月分をお支払するという考え方です。入居日が1日以外であれば日割り賃料が発生するため、初期費用を押さえたい方は入居日を「1日」に設定する事をお奨めします。

 

敷金・礼金が0円で家賃・共益費70,000円込みの物件でで計算すると・・・
145,000円となり、
後は物件や入居日により掛かってくる「敷金・礼金」「ハウスクリーニング代」「日割り家賃」が加算されてきます。賃料の変動につき上下しますが、賃料±1000円につき初期費用±1500~2000円が目安になります。新築物件の礼金が1ヵ月程設定のある物件では、20万円くらいを見ておくと大丈夫でしょう!

是非ご活用下さい!