住人とのコミュニケーション上手くとれるかな!?

「シェアハウス」にはどんなイメージがありますか?敷金や礼金、家賃などの費用面が安く抑えられることがメリットであるという反面、プライバシー面や住人との人間関係に不安に感じるイメージが強い方も多いのではないでしょうか?

しかし、他人と共同生活する上で生まれてくるのは、住人とのコミュニケーションの取り方や共同スペースの使用による煩わしさなどのデメリットだけではありません。

シェアハウスは進化し続けており、一人暮らしよりもシェアハウスでの共同生活を選ぶ人も増えています。では、シェアハウスの魅力とはどんなことなのでしょうか?

シェアハウスでの生活の魅力のひとつは、住人同士のコミュニティーです。シェアハウスでは、普段接することの無いさまざまな分野の人と、対等にコミュニティーを広げることができます。職場や学校での上下関係やしがらみ、競争から解放されて人と接することができるのです。

とはいえ、住人同士うまくやっていくことが不安な方もいると思います。実際暮らしてみると、他人と自分の違いに直面することもあるでしょう。しかし、他人との違いや個性をそれぞれ認め合い、お互いの価値観を広げていくことで自分自身が成長していくことは、共同生活の大きなメリットといえます。自分の物差しや常識がすべてではないということに気づき、自分と他人の違いを拒否するのではなく、受け入れることで周りの人との関係性を築いていくことができるのは、大きな発見ですよ。

最近は、リノベーションされたデザイナーズ物件も多く、住人同士のコミュニティーを重視した物件も多くなってきています。

解放されたブックスペース、ホームパーティができるキッチンダイニング、料理教室ができるキッチン、映画鑑賞ができるシアタールーム、ウッドデッキなどが完備されている物件も多いです。一人暮らしでは絶対に味わえないおしゃれなスペースやお部屋があれば、自然と会話も弾みコミュニケーションも取りやすくなりますよね。ゆっくり休みたいときは自分のお部屋でプライベートを重視し、みんなと居たいときはコミュニティーエリアにすぐ行くことができる。プライベートとコミュニティーのバランスが取れたシェアハウスはとても魅力的です。

シェアハウスは住民との距離感が近い分、相手の良い面も悪い面も見えてきてしまいますが、それによって自分はどんな人間なのか見直すことも向き合うこともできます。それは、今後のビジネスや、将来の自分の家族などのライフスタイルに活かすことができる経験になるでしょう。仕事で疲れてシェアハウスに帰ると、住人に家族のようなあたたかさを感じることもできるかもしれません。

ぜひ、シェアハウスでのコミュニティーを活かした生活をしてみてはいかがでしょうか。