今のお部屋探しで求められるものって何?

今、お部屋さがしでもとめられているニーズのお話をさせて頂こうと思います。

賃貸経営を語るうえで大切な、入居者ニーズの把握ですが、 オーナーの皆様の把握度合いはいかがでしょうか?

最近のオーナー様はものすごく勉強している方が多いので、 良くご存じであるかとは思いますが、 代表的なものと言えば・・・

 

ネット無料(Wi-Fi無料)がまず思い浮かびます。 最近の新築ですと、もはや当たり前のように設備の一環になっていますが、 普段表に出ているニーズというのは、 大体が大きな費用がかかるものが多いですよね。
オーナー様にとっては大切な資産ですが、 むろん不要な支出も避けたいところで、 入居者ニーズを考慮した改装などは、 本当に悩ましい問題の一つになることが多いです。

 

入居者ニーズに対して、それに添ったリフォームは大事ですが、 入居者確保・維持の観点で、 ごくわずかなリフォームで入居者の目線を変えられるのが、 理想的なところです。



例えば、築20年ワンルームのお部屋があったとします。 周辺には多くの競合物件が建ち並んでいる。 そろそろ賃料を下げないと、賃料を入居者の求める相場観で、 という考え方をするオーナー様、不動産業者が多いですが、 物件は新築の時点である程度の評価が下されます。 良い物件なのか悪い物件なのか。 そこで悪い物件だったという判断が下されるオーナー様は たまったものではないですが、 賃料を下げるのが最適な方法ではなく、 時代に合った設備を備えたり、 コンセプトをもつということだと思います。

 

例えばアクセントクロスでお部屋の雰囲気自体をデザインする。
ワンルームですから、 木製ルーバーなどでキッチンを少し目隠しすることで、 お部屋の印象がすごく変わります。 トイレの便座のカラーをアクセントをつけて、 清潔な水回りの印象を持ってもらう。 比較的安価でお部屋のイメージやデザインを変えることは、 思うほど難しいものではございません。 物件にとって、重要なのはニーズではなく、 (ニーズはもちろん大事ですが、ニーズはもはや基本、 という考えです。)


コンセプトを考え、一つのお部屋、一つの物件に、 コンセプトを強めていくという考え方が重要だと考えます。