今さら聞けない?!マンスリーマンションの使い方とは

一度は「マンスリーマンション」という言葉、耳にしたことがあると思います。

マンスリーと付いているのでなんとなくイメージはつくかもしれませんが、使い方など分かりやすく説明していきます。

 

■マンスリーマンションとは

普通のマンションは基本的に2年単位での契約が基本です。

一方マンスリーマンションは、1ヶ月から利用可能で”短期間住みたい人”を対象としたマンションになっています。

 

■利用する人

どんな人が利用しているのか気になりますよね。

以前はサラリーマンの長期出張や1年未満の単身赴任者など、企業や法人が主に利用していました。

しかし、最近では海外からの長期滞在者・受験生の勉強集中スペース・就活など一般の人の利用も増えており、その使い方は様々です。

場所によっては、女性専用や外国人旅行者向けに和室になっているところも出てきています。

 

■料金

マンスリーマンションは、一般的なマンションとは違い敷金・礼金がないため、初期費用を抑えることができます。

1ヶ月の宿泊料の中に水道光熱費も含まれているので、気にせずに使うことができますね。

ただし、普段あまり水道や電気を使わないという人には、高めの料金になるかもしれません。

各施設によって詳細は変わりますが、基本的に契約の際に身分証・印鑑・保証人が必要になります。

ウィークリーマンションは保証人が不要で契約書類が少ないですが、マンスリーマンションは滞在期間が長期間のため普通のマンションの契約と同じような場合が多いです。

 

■設備

マンスリーマンションは、1年未満の滞在者がほとんどなので予め最低限の家具や家電が取り付けられています。

冷蔵庫や電子レンジ・コンロ・ベッド・食器などが常備されており、すぐに生活が開始できるのでここでも初期費用がかかりません。

面倒な引越しをしなくても良いのでありがたいですよね。

また、女性専用のマンスリーマンション等では入り口にオートロック完備しているところが増えてきています。

防犯対策がされているため安心して利用することが可能です。

 

いかがでしたか?

1年未満で県外に滞在する予定がありましたら、利用してみる価値あり!です。

たくさんの物件がありますので、自分にあったお部屋を探してみてください。