京都に行くなら費用が安いマンスリーマンションを利用すべし

〜誰でも気軽にマンスリーを始めよう〜

さて、今回は冒頭でも触れているがマンスリーマンションの契約についてだ。

 

近年、消費税も上がったり、金利が上昇したりと住宅購入を諦めている人も少なくない世の中で、賃貸が非常に盛んになってきてるのだ。

アパート、マンションといえばはじめて親元を離れて生活するときに利用したり、お仕事の都合で転勤が多く家を構えることができないなどなど人それぞれ事情があるはずだ。

人生で一度は経験することがあるだろう賃貸契約において、おすすめなのが、この「マンスリー契約」というものなのだ。マンスリーとはMonthly(月ごと)の契約などでよくある2年縛りや、更新料などという概念がないのだ。

 

一般的にはアパートを借りる時には、家賃や敷金・礼金・保証金、火災保険料や鍵交換費用などなど・・・

こんなものを足していくと家賃の5〜6ヶ月分が初期費用としてかかる。

それに加えて新しく生活を始めようとするのであれば、生活家電、家具など安く済ませても10万円はかかる。引っ越しをする人であればその引っ越し費用がかかる。

これも距離と時期、荷物の量によって変動するが最低5万円で計算しておこう。これだけでも相当な金額がかかる。マンスリー契約には、こういった費用が削減できるのだ。

 

なぜなら、敷金礼金保証金がなく、家具家電も揃っていることが多いので、手荷物一つ持っていくとそれで入居ができるのである。急な出張や転勤でお気に入りのアパートを探すまで「アパート探し期間」を設けてその間にマンスリー契約をしてしまうことも気軽にできるのだ。

 

ホテル暮らしだとどうしても落ち着かない。自分で自炊したいなんていう人にはもってこいのサービスなのだ。不景気の現在、少しでも出費を抑えてもっと身軽に賃貸に向き合って欲しいと切に願う。