上京するなら知っておきたい!東京の【賃貸相場】

地方から東京に上京し、新しい生活をスタートさせる人も多いと思います。

刺激も多く、新鮮な出会いもあるでしょう。

そんな東京ライフを充実させるために、賃貸物件を探さなくてはいけませんよね。

東京は日本の中心地。

地方より人が集まる分、やはり家賃もやや高めの印象です。

今回は、東京23区内の賃貸の相場についてお話ししていきます。

物件を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

■一人暮らし

単身でお住まいになるなら、ワンルームや1Kのマンション・アパートが多く選ばれます。

その平均家賃は約8万円です。

しかし東京23区内でも、地域によって賃貸料に差があります。

港区・千代田区・中央区・渋谷区は、お金持ちが多く住む人気のエリア。

一人暮らし用の1Rなどでも、家賃は軽く10万円を越します。

地方の新築・ファミリータイプの物件と同じくらいの賃料ですよね。

そんな高い家賃は払えないという人は、葛飾区・足立区・練馬区・江戸川区がオススメです。

都心からやや離れていますが、23区内にあり家賃の相場は5万5000円〜6万円とリーズナブル。

埼玉県・千葉県に近いほど次第に家賃は下降傾向にあります。

小竹向原駅・北千住駅など、駅によっては2線以上乗り入れているところもありますので、移動方法も充実していて家賃の安い場所を探してみるのもいいですね。

 

■ファミリータイプ

次にファミリーに人気の間取り、1LDK/2K/2DKの相場についてお話ししていきます。

地域によって賃料に差があるのは、一人暮らしの時と同じです。

ここでもやはり港区・千代田区・渋谷区は高く、その家賃は20万円を超えます。

賃料の安い足立区・葛飾区・江戸川区・練馬区あたりでは、7~9万円で借りることができます。

このくらいであれば、東京で家族と暮らす場合でも安心して借りることができそうですね。

 

■まとめ

いかがでしたか?

ぜひ、東京の物件探しの際に参考にしてみてください。

少しでもお役に立てたら幸いです。