マンスリー物件の色々と便利なマンスリー契約や探し方

 

さて、今回紹介するのはこんなときに使えるマンスリー契約だ。

マンスリー契約はそもそも何か?という人もいるだろう。アパートやマンションは通常1年〜2年毎に更新を行い借りる事が多いのだが、マンスリー契約とはその名の通りMontly(月毎)契約なのだ。1ヶ月2ヶ月と自分の希望するように期間を決めて住む事ができるため、現在非常に人気なスタイルの契約だ。また、2年以内で解約しても短期違約金がかからないのが特徴の一つだ。

でも、何が便利なのか?そんなに転々としたらお金がかかるんじゃないの?

 

こんなケースを考えてみよう。

例えば親元を離れて暮らしていて、両親が急に介護を要する状態になった。

しばらく実家の近くで生活をする事になりそうだが、アパートを借りたい。

何年住むかはわからないが、そんなに長くいることもない。こんなときに2年契約のアパートを借りて違約金を払うのは馬鹿らしい。

早く治ってほしいという気持ちで行くのにも関わらず2年縛られては困る。

また、別のケースを考えてみよう。

会社の新事業のために2〜3ヶ月間出張に行くことになった。このときにビジネスホテル暮らしを毎日するのはちょっとお金が勿体無い。しかもシーズンによっては空いている部屋がないことなんてこともしばしば起こりうる事態だ。

毎日仕事が終わった後にホテル探し、近場であればいいが遠いホテルしか空いていないのであればもう目も当てられない。今日は大丈夫かななど不要な心配事を避けることにも使える。

さらには、受験勉強のために部屋を借りるなんてことも可能だ。家で受験勉強をしようとしてもなかなか手に付かない、自分の部屋だとたくさんの誘惑物がある、兄弟がうるさくて集中できないなどなど、人によっていろんな事情はあるだろう。

自分の部屋として、丸々集中できる部屋を確保するためにもこのマンスリー契約をするなんてことも可能なのだ。

何が便利か?気兼ねなく簡単に一般的なアパートよりも初期費用(敷金・礼金、仲介手数料や鍵交換費用などなど)が抑えることができ、数ヶ月間しか住む事がないという気楽さから隣人と揉めるケースも少なく、非常にオススメの契約なのだ。何が正解で何が不正解かなんてものはない

あくまで先ほどのは一つの例に過ぎない。自分のスタイルに合わせて使ってみてはいかがであろうか?