マンスリーマンションで生活するなら賃料が「安い」横浜がオススメ!

マンスリーマンションは今や身近な存在です。

一昔前は、サラリーマンの長期出張などによく使われていました。

しかし、マンスリーマンションのサービスの向上などによりサラリーマンだけでなく、家族・学生・長期旅行者など利用する理由も多様化してきています。

そんな中で、東京はサラリーマン・旅行者から非常にマンスリーマンションのニーズが高い地域です。

その分賃料は高く、様々な物件を見てみましたが相場は約11~14万円/月(ワンルーム)ほどでした。

ちなみにこの賃料の中には、水道光熱費・清掃費・管理費・インターネット代も含まれていますが、やはり高いなという印象です。

 

■横浜のマンスリーマンションは安い!

そこで東京での仕事や長期旅行の予定がある方にオススメしたいのが、「横浜のマンスリーマンション」です。

東京で予定があるのになぜ横浜なの?と思われるかもしれません。

その理由を説明していきますね。

横浜のマンスリーマンションは、おおよその家賃相場が8~11万円/月(ワンルーム)となっています。

東京と比べてみるとかなり格安で利用できるのです。

安いからといって汚い・不便ということはなく、清掃が行き届いていてかつ駅近の物件が多数検索できます。

2018年には「住みたい街ランキング」でなんと1位を獲得しているほどの人気ぶりです。

電車やバスなどの交通機関もかなり整備されているので移動もスムーズにできます。

横浜から東京都心まで、電車1本乗り換えなしで移動することができ、乗車時間も30~40分程度となっています。

移動費は片道約500円程度と普段の通勤時間・交通費と大きな差はありませんよね。

そして、横浜にマンスリーマンションを借りるメリットは「安い」だけではありません。

横浜は、みなとみらいや赤レンガ倉庫など商業施設が複数あり、ちょっと足を伸ばせば海や自然に触れ合うことができる魅力的な観光地です。

安く・快適に生活出来るので横浜での生活はかなりオススメできます。

 

■まとめ

いかがでしたか?

東京の魅力も堪能しつつ、快適に生活できるのは”横浜ならでは”です。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。