バスの運行場所で見る京都のマンスリーマンション

京都といえば区画整理がされていて、碁盤の目のように規則正しく並んでいます。

 

京都に慣れている人であれば、あそこを右に曲がって、次の角を左、その次も左に行けば目的地なんてわかるかもしれませんが、慣れていない人だとそうはいきません。

 

方向感覚がしっかりしている人でも、「あれ、今どこから来たんだっけ」と、なってしまうのが京都です。

 

そんな京都に三か月の長期出張を言われたら、やはりここはホテルではなくマンスリーマンションを選択する人がほとんどでしょう。

 

ひと昔前なら、三か月の出張でもホテルに泊まるのが当たり前でしたが、今は長期なら断然マンスリーマンションでと、会社側から言われることも増えてきています。

 

でも、京都のどの場所にあるマンスリーマンションを選ぶと、京都初心者でも迷わずに目的地まで行くことができると思いますか?

 

答えはバス停の近くのマンスリーマンションです。

 

京都は日本の中でもバスが密集して運行している街。どんな場所でもバス停が通っています。京都という街全体が、観光地になっているからというのも、一つの要因かもしれません。

 

なので、目的地に近い場所か、目的地に繋がっている系統のバス停の近くのマンスリーマンションを探すのがおすすめ。平日はバスに乗って会社に行き、休日はバスに乗って観光地に行けるというのは、道に迷うことがないので、簡単に京都を満喫することができます。

 

もちろん、時間のある休日はあえて徒歩で散歩するのもいいでしょう。このバス停とあのバス停は意外と近いんだというのが発見できれば、次の休みの時には、今まで行ったことのなかった場所へバスで行くことも出来るかもしれません。

 

京都でマンスリーマンションを探すときには、ぜひバス停も考慮してみてくださいね。