使い方いろいろ!ウィークリーマンションの魅力とは

ウィークリーマンションは短期間住むのに向いている賃貸物件。

様々な使い方ができるという魅力があります。

具体的にはどのような魅力があるのでしょうか。

 

 

■ビジネスホテルより快適!

 

ウィークリーマンションはその名の通り、1週間から1ヵ月ほどの短期間住むことを想定したマンションです。

 

1週間ほど住むだけならビジネスホテルなどでもよいのでは?と思うかもしれませんが、ビジネスホテルは泊まる目的に特化した存在。

夜泊まるだけならともかく、昼間も過ごす場合はちょっと窮屈です。

 

一方、ウィークリーマンションは「住む」ことを想定しているので、長い間過ごしても居心地がよく快適。

自炊もできますし、洗濯や入浴といった日常生活にも不便がありません。

そのため、自宅がリフォーム中に使うといった使い方もできます。

 

■入居手続きが簡単!

 

ウィークリーマンションは通常の賃貸物件と比べて入居するための手続きがとても簡単!

通常なら保証人や敷金礼金の準備が必要ですが、ウィークリーマンションの場合は身分証のみでOKなことがほとんど。

 

賃貸物件を予約するのではなく、ホテルを予約するようなイメージで手軽に利用できるのが魅力です。

こうした魅力から、長期観光のホテルがわりとして使うこともできます。

 

■費用がホテルより割安!

 

ウィークリーマンションは賃貸物件としては割高ですが、ホテルよりは割安で使えます。

生活するに必要な家具家電などもついており、水道光熱費も家賃に含まれるので、気にせず水道や電気、ガスを使えるというのも魅力といえますね。

 

そのため出張時の滞在先や企業研修の宿泊先、入院患者の付き添い時などにも使えます。

遠方で受験する場合の勉強拠点として使うことも考えられますね。

 

■不便というデメリットも

 

このように魅力がいっぱいのウィークリーマンションですが、デメリットも当然存在します。

 

まず言えるのが長期間滞在すると割高になるという点でしょう。

1週間ほどならばホテルよりも割安で賃貸物件のように家賃の無駄がないという点で魅力は大きいのですが、数か月以上になると割高になります。

 

また、あくまで「マンション」なので、ゴミ出し、洗濯、ベッドメイキング、掃除などは全て自分で行う必要があります。

こういった不便さはデメリットともいえますね。

 

■短期間の滞在なら魅力はたくさん

 

デメリットもありますが短期間の滞在には魅力が大きいウィークリーマンション。

アイデア次第で様々な使い方ができるのも魅力といえるかもしれませんね。