より手軽に楽しめるコツ〜知らないと損?マンスリー契約〜

さて、今回紹介するのはマンスリー契約というものだ。

賃貸アパートやマンションを契約するときにはよく目にするマンスリー。意味はウィークリー(Weekly)マンスリー(Monthly)のように週ごと、月ごとという意味だ。

 

通常のアパートの契約といえば2年毎に契約をするものなのだが、ちょっとした出張をするだけのために2年も借りる必要がない。だからと言ってホテル暮らしだと落ち着かない、余計な費用がかかってしまう。自炊ができないなどなど…。こんなときに便利なのがこのマンスリー契約なのだ。

 

福岡、東京、大阪など都会ではマンスリー契約の物件も選べるほどにたくさんの募集がかかっている。

中には親の介護で一時的に家を空けて遠方に行く方もいるだろう。

またまた先の入居を控えており、何ヶ月間だけという仮住まい的な役割を果たしてくれるときもある。

 

使い方は様々なのだが、私が1番オススメなのがこの「短期間だけ」というメリットを存分に生かせるということだ。

 

短期間のメリットとして、そもそもマンスリー契約を募集しているアパートやマンションは全部屋共通のケースが多い。

 

では、どうなるか?

 

1ヶ月や2ヶ月で入れ替わる人が多いので、「今度引っ越ししてきました〇〇です」なんて会話ももちろん必要なく、例えば音が少しうるさいと感じたときにでも継続して住み続けることがないという気持ちだけでストレスも解消されるのだ。家具家電も揃っていることがほとんどなので引越し費用が別にかかることもなく体一つで簡単に引っ越しをすることができるのだ。

 

何を目的に使用するのかを考えないとホテル暮らしよりもちょっと割高になることもあるので、しっかりと賃料を計算した上で契約をしてみよう。

 

充実したマンスリーライフを送れるよう願っている。