もしもの災害時に!購入よりお得な賃貸住宅

引っ越しをしようと思った時、マンションを買うのと賃貸にするのと、どっちがお得なんだろうって考えますよね。

 

今回は、最近あちこちで起こっている自然災害が起きたときに、購入と賃貸とでは何が違うのかを見ていきましょう。

 

まず購入の場合。マンションで一部屋を買った場合でも一軒家を買った場合でも同じとして、自然災害で床上浸水や土砂災害が起きた場合、どうなるでしょうか?

すぐに、そのまま家を使うということはできませんし、修繕費がかかりますよね。マンションの場合は、共有部分に関してはマンションを購入している人たちで折半して修繕費を払う必要があります。もちろん、自分の部屋が災害によって壊れてしまった場合は、全額自分で払わなければいけません。

こんなところには住めないといって、家を売ったとしても、そのままの状態では誰も買いませんから、更地にするか綺麗に直すかのどちらかを選択することに…。

 

それに対して賃貸住宅の場合はどうでしょう?

借りている人が、全てを直す必要があると思いますか?

 

直すのはオーナー。つまり家主です。また、災害に遭ったから、ここには住めないと言って引っ越しをするのも賃貸側の自由。自分が出て行ったあとに、誰かがその部屋を借りる借りないというのは関係ありません。

もちろん、災害によって壊れてしまった私物の家具などの修理や再購入は、自身で行う必要がありますが、必要最低限でいいのです。

 

そう思うと今の時代は、身軽に動ける賃貸住宅が魅力的だと思いませんか?