こんなことで困ってない?賃貸マンションあるあるトラブル3選

賃貸マンションは買うというのとは違い、家の所得税も払わず、毎月安い金額でいい家に住めるという特権があります。ですが、便利だからこそ、様々なタイプの人たちがそこにいるために、問題になってしまう火種を持っているのも事実。では、どんなトラブルが想定されるでしょうか?

 

1つめ、両隣とのトラブル

両隣が爆音で音楽を聴いていたり、テレビを見ていたりというのは、トラブルになっても仕方のないことですが、そうではなく生活サイクルが違うことによっておこるトラブルもあります。あえてうるさくしていなくても、生活をしていれば多少の音は出るもの、早朝から仕事の人と、夜遅くまで仕事がある人が隣同士になってしまうと、トラブルに発展することも。事前に、顔を合わせて話をしておくことが大事です。

 

2つめ、上下に住んでいる人とのトラブル

上の階に住んでいるとわからないものですが、下の階に住んでいると真上に住んでいる人の足音はとてもよく響きます。さらにペット可の建物ですと、犬や猫が耳の後ろをひっかいている音ですら、とても大きく聞こえるものです。引っ越して来たら、まずは下の階の人に挨拶に行くのがいいでしょう。

 

3つめ、共有廊下での掃除

賃料が高いところであれば問題ありませんが、安いところになると管理人さんが共有の廊下を掃除しないという物件もあります。そうすると、荒れ放題になってしまうのですが、その時に自分の部屋の前を自分で掃除した後、そのゴミが隣の住人の部屋の前に置いてしまわないように気をつけましょう。ただ横に避けただけだったと思っても、隣の住人は遠鳴りの人が自分の部屋の前にごみを置いたと思われてしまいます。

 

気を付けることはたくさんありますが、挨拶をするだけで解消されることもあるので、住人同士仲よくしましょうね。