個室ありのシェアハウス☆家具・家電付きで1ヵ月から契約可能

那覇まで10分、有名ビーチまでも15分でどちらへもアクセスGood!
当物件は各個室と共用部があり、個室には家具・家電をはじめ、カーテンや寝具、無線LANのインターネットなど、生活に必要なものがそろっていて、カバンひとつでお引っ越ししてもその日から不自由なく暮らすことが可能!(部屋にはベッド、冷蔵庫、机、収納タンス、Wifiが含まれています。)

■家賃 40,000円/月
■毎月別途12,000円の施設使用料(光熱費,ネット, 日用品)がかかります。
施設使用料には水道、電気、ガス、インターネット、日用品代が含まれてます◎
毎月の家賃は光熱費・インターネット込みで52,000円/月です◎

■初月のみ入居管理料10,000円がかかります。
初期費用合計:通常62,000円

就職・転職等で他県から沖縄に引っ越して来て、初期費用を抑え、まずは一回スムーズに生活をスタートできる環境です

那覇市安里 国際通り近くの一戸建てシェアハウス 【女性専用】

国際通り近くの一軒家3LDK 女性専用のルームシェアハウス

安里駅近く、静かな一戸建てシェアハウス。
管理人はそこには住みません。女性専用のシェアハウスです。

☆即入居可☆
ゆいレール安里駅より徒歩7分。
おもろまち駅からも徒歩7分
近隣にスーパーや国際通りあります。

場所:那覇市安里
家賃:3,5000円/ 月 (光熱費は住居人で折半となります。光熱費 約5000円/月)
人数:1人

条件:
夜静かにできる方
入居時、一ヶ月分の家賃をデポジットとしてお預かりします。
デポジットは退去時、破損や修繕がなければ全額返金致します。

【おすすめポイント】
☆日当たり良好
☆クーラーあり
☆庭でガーデニング可能
☆近隣に駐車場あり。(契約・支払いは各自)

【注意点】
☆駐車場が必要な場合近隣の駐車場で契約していただく形になります。
☆3人でのルームシェアになります。
☆光熱費などは割り勘になります。

※友達などはオッケーですが、大人数の連れ込みは禁止です。
※ルールとモラルを理解される方に入居希望します。

海の見える部屋

はじめまして、サンセットの見える部屋でシェアハウス営んでいます!5LDKで、洋間六畳位、部屋は鍵付きで安心。ベッド、エアコン、机が部屋にあり、Wi-Fi設置されてます。一度内覧下さいませ!

女性専用シェアハウス沖縄移住希望者!豊見城市根差部!那覇に近いです♪

1戸建ての2階部分がシェアハウスとなっており、3LDK各個室で3名様までのシェアハウスです!女性専用ですので安心して入居できます!!
周辺にはコンビニ、24時間スーパー、ドラッグストア、お弁当屋さん、pizza屋さんなどなど生活するうえで必要なものはほとんど揃います!!
リビングやキッチンも広々としており、生活しやすい空間となっております。
住所は豊見城市ですが那覇にも近く、県庁駅までバスで1本でいけますよ!!
●バイク・車をお持ちの方も駐車スペースは要相談!!

やさしく溶け合う沖縄 【那覇 マンスリーマンション】

地方なので物価も安そうな気がしますがそうでもないですね。スーパーで買い物するのに東京あたりよりいろんなものが安いかというとそんなことありません。東京で買えるものは東京と同じ値段。地元のJAの販売センターみたいなとこで野菜が安いくらいですね。  安いのは家賃と給料。
それでも、太陽と海の島。海はだいたいどこからでもすぐ行けます。冬はさすがにちょっと寒くなりますが、本土よりはよっぽどあたたかくて過ごしやすいのです。真冬の2月くらいでも分厚いコートは必要ありません。(沖縄で生まれ育った人たちはダウンコート着てますけどね。)とはいうものの移住してからだんだん寒さに弱くなってきてます。南国だけあってスコールがよく降るんです。そうすると虹をよく見るんでよね!

マンスリーマンション沖縄県豊見城市、家具付き2人入居可

マンスリーマンション沖縄県豊見城市は沖縄県の県庁所在地である那覇市の南に隣接しているため、ベッドタウンとして人口が増加している。東洋経済新報社が調査した「成長力ランキング」で2006年は全国1位となった。2008年の順位は3位、2009年は7位と下がったが、2010年に再び全国1位となった。市制を施行して以降、8年連続で上位10位以内を維持しています。

☆オートロックでセキュリティ安心☆エアコンや乾燥機など設備も充実☆

那覇市で家を探すなら、住人の口コミも参考にしてみてください。近くの病院や学校・幼稚園・保育園の評判や、スーパー・コンビニなど生活に便利な施設情報など、気になる情報が満載です。治安や交通の便も実際に暮らしている人の評価を見れば新たな発見があるかもしれません。那覇市の住み心地をしっかりチェックして、物件選びにお役立てください。。

マンスリーマンション沖縄県うるま市、ファミリータイプ

マンスリーマンション沖縄県うるま市は那覇市、沖縄市に次いで沖縄県で3番目に人口が多い都市である。2005年に4市町が合併し誕生した。 市名は「サンゴの島」を意味する古い沖縄方言(ウチナーグチ)に由来する(ウル=サンゴ、マ=島)。「琉球」と並ぶ沖縄の雅名で、漢字では「宇流麻」と書く(当て字)。方言をそのまま市名に採用した珍しい例であります。

マンスリーマンション沖縄県浦添市、ファミリータイプ2LDK

マンスリーマンション沖縄県浦添市は那覇市、沖縄市、うるま市に次ぐ、沖縄県第4の都市である。県内でも有数の商業、工業が活発な市である。
同市の主な商域圏には、自動車販売会社やショッピングセンター、ファーストフード店などが連なる国道58号沿線、各地域にある昔ながらの商店街、そして1991年には西海岸埋立地の西洲に形成された沖縄県卸商業団地がある。特に卸商業団地は県内の有力企業63社が集結し、県内の一大物流拠点となります。